保土ヶ谷区での薬剤師の仕事内容や求人の探し方

保土ヶ谷区の医療機関やドラッグストアなどで活躍している薬剤師。様々な知識と技術を持っていて、日々たくさんの患者さんの命を助けています。就職する職場によっては仕事内容や役割も大きく異なり、必要とされてくる場面も違ってくるのです。

そこで医療現場に欠かせない保土ヶ谷区の薬剤師の仕事内容ややりがい、仕事探しや面接の身だしなみなどについて詳しく解説します。

保土ヶ谷区の薬剤師の仕事とは?どうやってなる?

薬剤師になるためには大学受験をし、薬学部のある学校に入るところから始まります。大学で必要な知識や技術を学び、薬剤師の国家試験に合格することが必須です。基本的に薬学部は6年制で、授業を通して幅広い知識を身に着けていきます。

薬に関する薬学や薬理はもちろんのこと、化学や生物、物理などの知識、薬物療法や医療制度などについても詳しく勉強します。国家試験に合格することが出来れば、医薬品の専門家として仕事をすることが出来るのです。薬剤師の仕事は、大きく分けて3つあります。

調剤や服薬指導、薬の販売です。調剤は医師が発行した処方箋に基づいて薬を調合するもので、服薬指導は患者さんに薬の飲み方を指導することです。薬の販売は、ドラッグストアなどでお客さんに薬を売ります。調剤は医師が発行した処方箋に従って薬を出しますが、薬剤師もその薬が患者さんに本当に合っているのか二重のチェックをします。

医師と薬剤師が二度確認することで、医療ミスが防げるという仕組みです。保土ヶ谷区の薬剤師は医療機関の他にも、調剤薬局やドラッグストア、製薬会社などで活躍している人も居ます。調剤薬局では調剤業務や服薬指導、薬歴の管理などの仕事をしています。

調剤薬局では複数の薬剤師による連携が求められていて、チームワークが重要な職場です。ドラッグストアでは、市販品である一般用の医薬品の販売をしています。薬の種類によっては薬剤師でなくても販売できる薬もありますが、副作用に注意しなければならないものは薬剤師の指導を受けなければ購入することが出来ない商品もあります。

それらの薬を売るときに、薬剤師が助言をして販売するのです。製薬会社は、医師に対しての最新の薬の情報を提供したり、新薬の開発などに携わります。被験者の管理やスケジュールの調整、モニタリングや報告書の作成をするのも業務の一部です。

薬剤師の仕事のメリットややりがいとは?

薬剤師として仕事をするメリットの一つは、スキルアップが出来ることです。医療機関や調剤薬局で勤務している人は調剤のスキルを日々磨くことができ、経験も積んでいくことが可能です。これが直接キャリアに繋がり、知識や技術の習得にも役立ちます。

新しい職場に転職したいときや、出世したいときにも自分自身の武器になるのです。患者さんに寄り添うことが出来るのも、薬剤師の魅力です。医師には聞きづらかったことを聞けたり、薬の飲み方を教えてくれたりと患者さんにとっては助けとなる存在になります。

患者さんの目線に立ったサービスを提供することが出来れば感謝されることも多く、人の役に立てるという実感が持てるかもしれません。人の役に立てるという自覚も持つことが出来れば、仕事に対するモチベーションもアップします。

転職や復職に有利なのも、薬剤師ならではです。国家資格を取得していれば転職や再就職もしやすく、一定期間職場を離れていても復帰しやすいです。特に女性は結婚や出産、育児などで職場を離れるケースが多いですが、薬剤師の資格があれば仕事が見つけやすくなります。

給与も高めに設定されていることが多いので、生活費に困ることもほとんどありません。また正社員からアルバイト、パートや派遣社員と雇用形態も様々なので、自分のライフスタイルに合わせて働き方が選ぶのは嬉しいポイントです。

保土ケ谷区で求人を探すときのポイント

保土ヶ谷区で薬剤師の求人を探すときには、まず沢山の情報を集めるようにしましょう、どのような職場のどんな求人が出ているのか調べることで選択肢の幅が広がり、自分に合った職場を見つけやすくなります。限られた情報では選択肢の幅も狭くなりますし、妥協せざるを得ないこともあるので注意しましょう。

保土ケ谷区のハローワークに足を運んだり、求人情報雑誌やサイトなどを見て採用情報を集めるのです。気になる求人があったら現場に足を運んで、実際の職場を見学します。医療機関や薬局によっては見学を受け入れているところもあるので、事前にアポイントを取って見学に行くようにしましょう。

見学するときにはスタッフの様子や仕事ぶり、患者さんやお客さんに対する態度などを見ておきましょう。働いたときのことを想像して、自分に合っている職場なのか見極めることも大事です。

調剤薬局やドラッグストアを中心に、秦野市では薬剤師の求人が多いです

薬剤師専用の求人サイトも活用

薬剤師専用の求人サイトも便利です。薬剤師に寄り添った就職活動のサポートをしてくれて、求人探しから応募、面接試験の対策や内定まで手助けしてくれます。どのように活動を進めたら良いのか分からなくても、担当者がきちんとフォローしてくれるので安心です。

保土ヶ谷区の求人情報も扱っているサイトもあるので、効率的に就職先が探せるのも良いところです。求人サイトの登録料は無料の場合が多く、費用を掛けずに使えます。自分自身で求人を検索することが出来たり、担当者から紹介して貰えるのでより多くの情報が集められるのもメリットです。

プロフィールを登録しておけば、医療機関や企業からスカウトを受けられるサービスもあります。給与や勤務地の希望など、自分ではなかなか出来ない交渉も代行してくれます。

面接で気を付けたい身だしなみ

面接は一般職でも薬剤師でも基本的な立ち振る舞いは変わらず、自分の体型に合わせたスーツを着用します。お店で購入するときにはスタッフの方にチェックして貰ったり、既に購入しているときには家族や友人に立ち姿をチェックして貰います。

サイズは合っているのか、だらしない印象になっていないか確認して貰うと完璧です。男女ともに落ち着いたブラックやネイビー、グレーのスーツを選びます。中に着るYシャツは顔色が良くなるようにホワイトや薄いブルーなどを合わせると清潔感が出ます。

女性は髪が長いときには一つに結んで、お辞儀をしたときに髪が垂れないように配慮しましょう。メイクは出来るだけナチュラルに仕上げて、清潔感を保つように心掛けます。ラメが入ったアイテムは避けて、自然な仕上がりにするほうが無難です。

ネイルやアクセサリーはなるべく外して、薬剤師として仕事が出来ることをアピールしましょう。男性はきちんとしたイメージを持って貰うためにも派手な色や柄のネクタイは避けて、スーツに合わせた落ち着いた色をチョイスすることも重要です。

求人を探す前には条件を考えておく

本格的に保土ヶ谷区で求人を探す前には、いくつかの条件を書き出しておきます。どんな場所で働きたいのか、給与はどのくらい欲しいのか理想の働き方を考えます。事前に考えておけば沢山ある求人の中から自分に合ったものを探しやすくなりますし就職活動もスムーズになるのです。

優先順位も考えて、譲れない部分と妥協しても良いところも決めておきます。